「共感」マーケティング基礎編?「仕組み化」出来たら最強のマーケティング!

aa86391d-a99e-46ad-b927-738ebc7a7923

「究極の差別化戦略」は人の心に寄り添った
メッセージを「カタチ」にする「スキル」

・セールス活動をしなくても売上があがる!

・ソーシャルメディアを戦略的に活用する!

・選ばれる理由を共通「言語化」させるまで掘り下げる!

「共感マーケティング」を実際のビジネスに落とし込む方法が知りたいとの声を多く頂いています。その為、今回は特別編としてまずは、その概念と効果についてお伝えします。その後、実際に導入するための「方法」を全2回に分けてお伝えしていきます。

■以前書いたBLOG
なぜか?「売れる店」と「売れない店」決定的な違いとは?
で「共感」のエッセンスをお伝えしました。

あなたは、商品を購入する時、何を思って購入しますか?いろいろな理由付けがあると思います。「必要だから買う」人もいれば「このブランドだから買う」と言うステータス重視の人もいるでしょう。どんな商品を販売するかによって、マーケティング活動も変わってきます。

そんな中で最近著しい成功を収めているのが
「共感マーケティング
という手法です。

これは実際に使ってみた人の口コミを見て自分も欲しくなったり、友人や知人が使用しているのを見て「自分も使ってみたいな」と「共感」を得ることができる効果。

セールス活動をする事なく,消費者側から選んでもらうという戦略方法

概念は理解して頂いていると思いますが、それをビジネスに組み入れるには、それなりの「手順」と「仕組み」が必要になります。この「売れる仕組み」を理解する事で、経費を半分、いや3分の2を削減しながら「売上」を伸ばすことも可能です。まさに「売らずに売れる!」を実現する画期的な手法なのです。近年は何の躊躇もなくネット経由で商品を購入する人が増えていますね。

ソーシャルメディアなどを利用して、友人や知人がどんな商品を使ってどのぐらい満足しているかなど、商品についての情報を知ることもそれほど難しくなくなっています。

共感マーケティングを巧みに活用して「売れる仕組み」を作り上げるためには、ネットをリアルな接客以上に使いこなす「スキル」が求められます。具体的に必要な要素は、以下の3点です。多くの人が「共感」してくれるような他の商品にはないオリジナリティ・話題性それを言語化し、伝える為の「仕組み」そして、信頼を勝ちとる会社のミッション・ビジョンこれらを、関係者、皆が理解し推進させる環境を社内に創り出さなければいけません。他社では無く、

・なぜあなたから買うのか?

・選ばれる理由は何か?

・他に負けない強みは?

「言葉やビジュアル」に落とし込み、一貫したメッセージを発信

モノがあふれている昨今において、消費者に特定の商品を選んでもらうには、人の心に訴える「メッセージ」の質が大きく左右します。間違っても、価格を下げて集客を得る薄利多売のビジネスモデルを繰り返してはいけません。必ず、そのビジネスモデルは破綻します。

「考えてみて下さい!!」そこへ買いに来るお客さんは、何に魅力を感じて来店されたお客さんですか?ほぼ「価格のみではないでしょうか!?」他で安売りをしている店があれば、そちらに行ってしまうお客さんなのです。

価値>価格を成立させる事が大前提

「共感」マーケティングが成功すれば、価格を下げなくても、大きなプロモーションを打たなくても売れていきます。なぜなら、あなたの事が好きになるから!!お客さんの心に寄り添ったラブレターのようなメッセージは確実に心に刺さります。

そんな、人の気持ちに寄り添ったビジネスは人から人へ伝播して、新たなお客さんも呼びこむのです。なかなか頭では理解しているものの、実際ビジネスに落とし込めている企業はまだまだ少数派です。クイックな対応が出来、小回りがきく、中小企業にとって、「共感マーケティング」は非常に相性の良い施策です。

最小の効果(資金)で最大の効果(売上)を上げる!!

やり方さえ、理解し、実行出来れば十分、「究極の差別化」になりえます!!次回は、より詳しくその「手法」をお伝えしますね。

続きはこちらをクリック ↓ ↓

「共感マーケティング」実践編 「売らずに売れる」仕組みとは?

下記【無料】メルマガ登録はこちら

レバレッジラボ メルマガ

レバレッジラボ 助成金



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

その他のブログ

More