今話題の「O2O」なぜ実践しても「成果」が出ないのか?

o2o

リアルとネットの融合! その「本質」を理解しビジネスに!!

O2O(オンライントゥオフライン)の概念を簡単にまとめると以下です。

・Webなどオンライン上の消費者を店舗などへ導き、購買を誘う手法
・メールやSNSを使った情報発信で、消費者を実店舗に誘導する取り組み施策

ただ、この施策、実際うまくいっている企業は少数派です・・・。


---------------------------------------------------------------------------

今回は、「このネットとリアルを結ぶ間には、大きな大きな壁がある!!」こんな話をしていきたいと思います。今更「O2O」?そんなの知ってるよ。なんて思われた方もいるのではないでしょうか・・・!?ただ、先に言っておきます。「O2O」の概念を理解したとしても、簡単に成果を上げることは困難です。

なぜか?オンラインとオフラインをつなぐには、人間の「感情」と「理性」両方に訴えて、消費者が自ら動きだす「スイッチ」を「ON」にさせるような緻密な「仕掛け」が必要だからです。

消費者は従来型の新聞、雑誌、チラシ、フェア、といったプッシュ型の「売り込み」を無視するようになっています。ネットでもバナー広告や、欲しくもない時期に、「売り」を狙ったSNSのセール告知など、これらは邪魔なものとみなされ嫌われてしまう要因になりつつあります。

では、なぜうまく機能していないのか?考察します。

-------------------------------------------------
100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、90回まで来ていても途中であきらめてしまう。
-------------------------------------------------

はい、そうです!!最近気にいっている元テニスプレーヤー松岡修造さんの格言。これが全てです。現在、情報量は莫大に増え、ニーズは多様化し、ビジネスも複雑化しています!単純に「モノ」が売れる時代ではありません。何らかの付加価値やベネフィットが無ければ、そもそも「欲しい」と思ってもらえません。

しかし、環境変化を柔軟に捉えて、適切なアプローチを繰り返せば、必ず成果は出ます!!

表層的な薄っぺらい議論を繰り返すのではなく、どのようにしたら商品を手に取ってもらい、購入してもらえるか?

ロジカルにではなく、あなたが一お客様の立場にたって考える事が必要です。もし、あなたに大好きなブランドがあったとします。それはなぜか?いつから好きになったのか?動機は何か?・・・。又、それを買う事によって得られるベネフィットは何か?

そんな「心」の変化をビジネスに組み入れる施策が、リアル店舗を抱えている企業、ブランドはおろそかにしています。

------------------------------------------------------------------

シーズンになって恒例のフェアやイベントなどなど、他社と同じような施策を打っても一向に効果は生まれません。そしてお客様の「心」にも残りません。

・あなたの「強み」は何ですか?
・選ばれる理由は何ですか?
・訴えたい世界観は何ですか?
・あなたの店から買ったらどんないい事がありますか?

定例会議なんてやめて、こんな会話が出来る「創造会議」を実施する事を強くオススメします!!そして、これらを理解したならば、「即実行」です。伝える手段?何をどうするか・・・?

それは、「言葉」や「メッセージ」に込めて伝える!!オウンドメディアの構築です。

伝える為の「手段」として注目されているのが、

-------------------------------------------------------

・コンテンツマーケティング
・ストーリーテリング
・コンセプトメイク
・コピーライティング

---------------------------------------------------------

これらの手法を使って「売らずに売れる」「仕組み」を創るのです。これらは継続したら、した分だけ、確実に効果を発揮します。リアルとネットの融合!その「本質」を理解しビジネスに!!

「チャンス」は無限にありますよ!!

次回は、「O2O」を実現し、成果を上げる「コンテンツマーケティング」「仕組み化」についてお伝えしていきます。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

その他のブログ

More