【アパレル業界ニュース】「特集」業界が抱える課題の本質と解決策 人気記事BEST 10

【アパレル業界ニュース】「特集」業界が抱える課題の本質と解決策 人気記事BEST 10

アパレル業界内では語られない「常識」の先にある「非常識」という逆張り発想

アパレル業界の低迷ぶりを『殺すのか』とか『集団自殺』といったコピーを用いて本やコラムで興味本位に揶揄することで業界内外から注目を集めています。しかし犯人探しや過去の慣習を持ち出して原因はこれだ!的な挑発行動はいかがなものか。

IT化の進展によって消費者のニーズ、情報収集力、利便性が格段に向上した現在、これらの変化に対応しきれていない現状は分かりきった事実。

問題の本質は、では誰が、何を、どうやって新たな成長に導いていくのか?ここの具体性にあります。結局、答えは「消費者の心の中にある!」この視点で実際、新たな行動に移せるかで勝負は決まる!少数派の成功している企業はそんな戯言に振り回されることなく動いています。


1.アパレル業界の今後に未来はあるのか?
大きな構造改革の時期に理解すべきこと〈前編〉

アパレル業界の今後

【アパレル業界は大きな構造改革の時期をむかえいる。問題はその本質的な理由!?】


アパレル業界に未来はあるのか。
この問いに対して「未来は明るい」と答える人と「厳しい」と答える人に二分される時代に突入しています。それは、時代の寵児として一世を風靡してきたアパレルブランドのショップが、最近目に見えて顧客が減っている事実と、そして、新しい形態を押し出して現れた新興企業の隆盛を見るだけでも明らかです。ではその差はどこから生まれてきたのか、なぜその差は生じてしまうのか。変化する時代の中で、いわば原点回帰とも言える業界の革新の中に、その差を生み出すものの正体を探っていきたいと思います。Read More

2.アパレル業界の今後に未来はあるのか?
求められる人材ニーズに大きな動き〈後編〉

アパレル業界の今後

【アパレル・ファッション業界に異変あり!少数派の成功している企業は既に動いている!】


膨大な情報をもたらすデジタル化の中で、真の創造は破壊から生まれる。
その重要性をお届けした前回に引き続いて、今回はディスラプション(秩序の創造的破壊)を契機に、その新しい土壌の上に何を育て創造していくかに迫っていこうと思います。こういう場合、その手本となるのは先駆者の歩んだ道。ですから、すでにその創造に成功した企業の例やそこから導き出される新たな提案をもとに、業界全体としてこれからアパレル業界が目指すべき方向性についても提案していきます。それは、アパレル業界全体の発展を位置づける提言であり、個別の企業の生き残りを目指す可能性です。Read More

3.アマゾンAIがファッションに革命を起こす!?
低迷するアパレル業界に更なる衝撃

アマゾンAI アパレル 

【従来型の小売を破壊するAmazon!本格的にファッション業界に進出か?】


今後の世界はAIによって激変していく。それは、様々な業種のみならず、社会制度や軍事・政治に至るまで、この世の大半の分野において予言ではない確実な未来予想として提言されています。しかし、ファッション業界やアパレル業界においてはどうでしょう。これまでもたびたび指摘されているように、他のジャンルに比べ、ファッション・アパレル業界において、AIの導入は遅れています。しかし、そこに登場したのが世界企業アマゾンのアマゾンAI。今回は、そんなアマゾンAIがもたらすファッション・アパレル業界の未来について考えてみましょう。Read more

4.ZOZOTOWN躍進の秘密に迫る!
「時価総額1兆円超え」シナジーを生み出す次世代経営

ZOZOTOWN 強み ビジネスモデル

【ZOZOTOWN最大の強みはビジネスモデルではなく、究極の顧客視点にあり】


新しいファッションの担い手ともいうべきブームを巻き起こす「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」
しかもその躍進は、一過性のブームに終わることなく、瞬く間に若者を中心としたファッションの選択肢として定着してきました。そんななか、数々のゾゾタウン関連の書籍が販売され、その業績好調の理由を探る文章も多く見かけます。そして、そう言った研究においては、ゾゾタウンの様々な機能や利便性について触れられているものが多く、もちろんその一面はきっとあるのは間違いないでしょう。しかし、ゾゾタウン躍進の秘訣はそれだけではありません。ここでは、そんなゾゾタウン躍進の秘訣を、顧客目線を中心に迫っています。そのキーワードは「ニーズ」です。Read more

5.消費者心理を考える!
モノを「選べない」消費者が増えてしまった!その背景とは?

消費者心理 消費多様化

【商品を選びことが面倒くさい!情報過多時代の病「買い物ストレス」が深刻】


「消費多様化の終わり!!」
一見ぎょっとするこのフレーズ、貴方の頭の中にある常識に反するこの内容に、書店で首を傾げた人も多いのではないでしょうか。そうこれは、日経ビジネスの表紙を飾ったニュースタイトル。散々、消費は多様化してきた為そのニーズに答えるべく多様な選択肢を与えなければいけない。と東奔西走してきた人たちにとっては、裏切りとさえ感じるフレーズですよね。しかしそれは違います、その真意は、決してかつての小売りに戻れという事ではありません。では、一体それはどういう事で、それを受けてどうしていけばいいのか。ここでは、その言葉の真意とそれを派生させた次世代小売りの新しい方向性について考えてみようと思います。Read more

6.小売ビジネス最前線!
な購入スタイル「サブスクリプション」とは?


【「選ばずお任せ」の消費傾向を逆手にとる新たなサービスがIT領域からアパレルに続々参入!?】


社会のIT化いわゆるデジタルシフトが起こした大きな変革の波は、当然ファッション業界やアパレル業界にも多大なる影響を与えています。そんな社会の変化の中で、デジタルシフトの恩恵を被る消費者の心にも、新しい価値観が芽生えてきているのです。そんな、消費者の新しい心、つまりデジタルシフトが生み出した新しいニーズは、これまでの価値観を大きく破壊する、従来の価値観を信奉する人間には理解不能なニーズ。そしてそんなニーズに対応すべく注目されているのが「サブスプリクション」です。今回は、そんなサブスプリクションに焦点をあて、消費者の新たなるニーズの正体に迫ってみようと思います。Read More

7.2極化するファッション市場?その理由と脱却すべき解決策

2極化するファッション市場?

【「思考」と「行動」に変革を!今までのやり方は、通用しないことを自覚せよ!】


今やファッション業界を語る上で、欠くことのできない要素、それがファッション業界の2極化。
ファッション業界ニュースとしても、多く取り上げられる内容です。そして、その2極化は、勝ち組と負け組の2極化と呼んでいいほどに、どちらの極にあるかによって業績も売り上げも大幅に変わってきています。今回は、そんな2極化が何を基準に起こっているのか、そして、どうして起こってしまったのか。その、勝ち組の極にある企業と負け組の極にある企業に存在する、その理由について探っていくことで、その正体を明らかにしていこうと思います。Read More

8.大手老舗アパレル企業凋落の原因!「構造不況」と「脱却への道筋」


【苦戦が続く大手老舗アパレル企業に共通する課題と悩み】


栄枯盛衰は世の習い。
などという言葉を持ち出すまでもなく、最近の大手アパレル企業の凋落ぶりを報じるファッション業界ニュースは信じられない思いと共に驚きを隠せないですよね。しかし、そんな状況に驚いていてはいけません。なぜなら、大手アパレル企業の凋落に驚くというのは、その理由や現実について無知であるという事だからです。そしてそれは同時に、時代の要求と顧客のニーズが見えていない。まさに、大手アパレルが凋落した原因そのものと同じ状態にあなたが陥っているという何よりの証拠です。というわけで今回は、そんな大手アパレルの凋落のその実態に迫ってみようと思います。Read More

9.アパレル業界に経済産業省から勧告「不合理な商慣習」の本質とは?


【「成果が出ない原因は時流にあった正しいやり方を実践していないだけ!」業界にはびこる悪しき慣習】


2016年6月、とあるニュースがアパレル業界に大きな衝撃を与えました。
それが、経済産業省からアパレル業界における「不合理な商習慣」についての改善を促す勧告が行われたからです。これは、業界紙からの忠告でも顧客からのニーズでもなく、また企業の自浄作用でもなく、国家からの正式な勧告であり、言い換えれば国からアパレル業界に対しての苦情と言っていいもの。つまり、アパレル業界には国から正式な勧告を受けるほどに「不合理な商習慣」があったのです。ではその「不合理な商習慣」とは何か、そして私たちはそこから何を学ぶべきなのか。そんなアパレル業界の、喫緊の課題に迫ります。Read More

10.消費者の意識変化=「ショッピング方法の進化」の必然


【カギを握るのが、消費者の新たな購買行動の把握と、IT技術の活用】


技術の進化と共にシステムにも大きな変革が生まれれば、当然人間の心も変化します。
それは小売りにおいては、消費者ニーズの変化であると言い換えることができ、あまた別の言い方で言えば顧客要求の変化であるともいえます。そしてそんな変化の中で生まれてきたのが「ウェブルーミング」というワード。この言葉は、従来の「ショールーミング」というワードと対比して表現されることの多い、IT化によデジタルシフトが生み出した新しい価値観です。今回はそんな2つのキーワードに注目して、そのワードを生かした企業の戦略について考えてみたいと思います。Read More

成果を生み出す「プラットフォーム型プロデュース/コンサルティング」とは?
最小の労力(資金)で最大の効果(売上)を実現


現状維持からの脱却や新規事業の開発をあらゆる視点から支援します!
「戦略」×「クリエイティブ」×「デジタルシフト」



弊社独自の「プラットフォーム型コンサルティング」とは、その道に精通した複数の企業や、個人と連携することで、シナジー効果を生み出し、事業の可能性を最大限引き出すことを目的とした新たな支援のカタチです。変化激しい時代において、業界の垣根を超えた「革新的な戦略アイデア」と「新たなアライスンス(戦略的連携)」で御社を次のステージに導きます。



選ばれる理由は、シームレスなポジショニングにあり

戦略設計 売れる仕組み
戦略プロセス設計

アプローチ方法の「見える化」で「高品質」「低価格」を実現。各種プランに明確な「料金基準と期待効果」を設けております。まずはお気軽にご連絡ください。

COMMENT ON FACEBOOK