「特集 」アパレル業界が抱える課題の本質と解決策「人気記事BEST 10」

「特集 」アパレル業界が抱える課題の本質と解決策「人気記事BEST 10」

1.2極化するファッション市場?その理由と脱却すべき解決策

2極化するファッション市場?

【「思考」と「行動」に変革を!今までのやり方は、通用しないことを自覚せよ!】

現在のファッション市場では、ファストファッションとラグジュアリーブランド、この2つのカテゴリーが好調で、その他、ミドルレンジに当たるどっちつかずのブランドは苦戦を強いられています。ファストファッションとラグジュアリーブランド。価格で考えれば完全に正反対の傾向を持つ二者が、どうして成功を収めているのでしょうか?一体どこに「強み」があるのでしょうか? それぞれの魅力についてまとめながら、現代の顧客が感じる価値の本質に迫ります。

Read More

2.大手老舗アパレル企業凋落の原因!「構造不況」と「脱却への道筋」

【苦戦が続く大手老舗アパレル企業に共通する課題と悩み】

最近ニュースでもよく目にする大手老舗アパレル企業の凋落ぶりには、目を見張るものがありますね。直近で実際起こった事実と原因をまずは振り返りまとめてみました。「バーバリー」とのライセンス契約が2015年に切れた三陽商会。ワールドも大規模な売り場縮小や複数のブランド廃止を余儀なくされ、かろうじて利益は回復傾向にあるものの、それは早期退職者の人件費削減によるもので、決して本質的な改善とは言えない状況。そんな厳しい市況にも関わらず、比較的新しく参入してきた企業はこれまでの常識にとらわれることなく、自由な発想でビジネスの裾野を広げてきている企業もあるわけです。なぜ、そんな状況が起こっているのか? Read More

3,アパレル業界に経済産業省から勧告「不合理な商慣習」の本質とは?

【「成果が出ない原因は時流にあった正しいやり方を実践していないだけ!」業界にはびこる悪しき慣習】

「2016年6月17日、経済産業省からアパレル業界に見られる不合理な商慣習を批判し、経営の改善を促す。旨、勧告がありました」アパレル業界の「不合理な商習慣」が、とうとう国から正式に「是正勧告」を受けてしまったという事実。業界人から見れば、何ら常識となっている慣習が、他業界から見れば何とも意味不明な商慣習に映っているわけです。業界に蔓延する異常な商慣習を今いちど振り返り「なぜ!?」を考えるきっかけとなるようまとめています。Read More

4.「労働生産性」が低いアパレル業界の本質的課題とは?

【なぜ「生産性が低いのか?」「課題の本質な何なのか?」】

「日本人の労働生産性は低い」こんな言葉を聞いたことはありませんか?
特に小売、サービス業に関してはその中でも群を抜いて低いわけです。アパレル業界も例外なく当てはまっています。 業界基準や前年踏襲から抜けられない収支計画。いつまでも変わらない変動費、固定費の考え方。経営陣が売上・利益といった結果を基準に無意味な会議を繰り返す。打開策は終始、画一的になり商品も戦略も同質化。こんなスパイラルを繰り返している企業はまだまだ実に多い。私自身アパレル大手4社を経験した中でも例外なく当てはまる事実です。だからこそ、状況を打開する為には、組織の構造改革が必要です。そのキーマンとなる人材とは? Read More

5.異業種からアパレル業界に参入する黒船の野望とは?

【あの○○もアパレル業界に進出?縮む市場にあえて進出する理由とは?】

異業種からアパレル業界に参入する企業が増えています。なぜ、一般的には斜陽産業と言われるアパレル業界に、異業種から参入するのか?業種にとらわれないシームレスな提携こそ、新しい価値を生み出し寡占状態の壁を打破できる可能性があると言えます。既存の考え方の延長でしかない、ものの見方では、多様化する消費者のニーズに答えるのは本当、難しい時代に突入しています。この背景を考えていくと、アパレル業界の可能性と、実力ある企業の緻密な戦略が見えてきます。 Read More

6.価格競争による「最悪なシナリオ」を改めて考えてみませんか?

【策のない過度な価格競争を繰り返すのではなく、高くても売れる秘密を考えていますか?】

消費者意識の変化によって、アパレル業界の市場規模は縮小する一方です。しかし、それに反して服の生産枚数は増え続けています。この矛盾を理解していますか・・・?結論は、ファストファッション系のブランドが台頭し、それまでの価格定義を根本から覆された結果、単価が下がり、それに対抗する手段も、策のない価格主導に走ってしまった為、業界全体がシュリンクしてしまったと考えることができます。価格が高くても、その理由に納得できれば、消費者は迷うことなく購入します。消費者が感じる価値価格を上げて、「価格以上の価値」を付加することができれば・・・。 Read More

7.消費者の意識変化=「ショッピング方法の進化」の必然

【カギを握るのが、消費者の新たな購買行動の把握と、IT技術の活用】

インターネットの普及により、私たちの普段の生活にもネット環境は欠かせないものになっています。最近ではオンラインショップで買い物をする方も増えてきているのではないでしょうか?近年の消費者には以下のような2つの特徴があります。(A)実店舗で商品を確認して,帰宅後に同じ商品が最も安く変えるショップで注文する(B)商品情報を検索してから,実店舗で最終確認をして購入する
(A)はショールーミング、(B)はウェブルーミングと言われる購買行動です。消費者の新たな購買行動に対応するためには、新しい常識が必要です。常識は時代と共に変化していくもの。これは言い換えれば、自分自身が新しい常識を作れる可能性も無限に広がっている環境化にあるよいうこと。では、いかにIT進化時代に消費者の購買意欲を掻き立てることができるのか? Read More

8.右肩下がりの市場で戦う『次世代型マーチャンダイザー(MD)』の資質と思考

【時代の変化に対応した「次世代MD」の必要性】

一般的にMDに求められる必須要件は、数字に強い人であり、分析が得意な人、結果を検証して、次週の対策を考え、各ポジションとの連携力にかなでた人。この資質が優秀なMDの定義であると言われています。しかし、情報や、モノがあふれ、選ぶことさえ難しくなっている現在、上記の資質だけでは、新たな時代の流れに取り残され、市場とのギャップはどんどん広がってしまいます。特にIT進化によって、消費者の購買行動は飛躍的に進化しました。「結果」を基に仮説検証サイクルを回してきた従来型のMDロジック自体、もう既に新たな価値を生み出さない、金太郎飴製造手法なのです。
Read More

9.アパレル業界が特別ではない!どんな業種であれ経営戦略には原理原則がある
<3STEP講座>

【「基本なくして応用なし」新たな手段を実行する前に本来やるべきことは出来ていますか?】

表層的な手段や手法を考え、実行に移したとして、
いつまでたってもモグラ叩きのように新たな課題が湧き出してきます。
「結果」はプロセスの延長。本質的課題はどこにあるのか?
あるべき姿を明確に定義し「持続的な成長」をもたらす「土台を創る」
そんな内容をステップ方式でお伝えします。
<■STEP1> 『ゼロベースで常識を疑い、思考の枠から外に出る』
<■ STEP2>『定めるだけでは意味がない!共有し、行動指針に落とし込んでこそ、はじめて組織は動き出す』
<■ STEP3>『事業が思うように進まない原因は、組織風土にある』 Read More

10.コンセプトメイクの本質―物語のチカラで企業と顧客を繋ぐ

コンセプトメイク

【コンセプト設計の手順:消費者の記憶に残すための「6原則」】

あなたは、企業やブランドの「コンセプト」どれぐらい意識していますか?商品やサービスを表すコンセプトとは「誰に、何を、どのように、どんな目的で提供し、どんな成果に繋げたいのか」といった情報を、シンプルに一文で定義したものでなくてはいけません。魅力的なコンセプトは人を惹きつけます。そのためには「物語」のチカラを最大限に活用する方法がオススメです。「様々な苦労や挫折、困難を乗り越えながら成功に至った」というストーリーは、見るものの心をグッと掴みます。弱い部分や恥ずかしい部分も敢えて見せることで、親近感や好感度が上がるのと同じ法則ですね。良い部分だけを宣伝するよりも、様々な苦労や困難を乗り越えたからこそ今がある。このように伝えた方が、「さすがだな」「信頼できるな」「応援したいな」と感じてもらえるわけです。 Read More

COMMENT ON FACEBOOK