『企業のメディア化』オウンドメディアで認知・集客・売上を伸ばす方法

情報発信を経営の武器にする!

メディアと聞くと一昔前までは、マスメディアを思い浮かべる人が多かったでしょう。媒体はテレビや雑誌など限られており、発信者は大手の企業が独占していました。ところが昨今、誰もが簡単に情報発信できる時代となり、どんな企業や個人でもメディアを創り発信できる時代となりました。今や誰でも行動次第では、ビジネスチャンスをつかめる環境は既に整っています。

このような悩みを抱えていませんか?

☑︎ ホームページからの売上げや問い合わせを増やしたい
☑︎ リスティング等の広告費の経費がかさんで経営が圧迫されている
☑︎ ポータルやモールに出しているが、お金がかかる
☑︎ SEOを外注してきたが、成果がでない
☑︎ 飛び込み営業やテレアポ型の営業は効率が悪い

企業のメディア化によつて得られるメリットとは?

☑︎  新規顧客への認知を高められる
☑︎  新規顧客の信頼度を高められる
☑︎  商品、サービスに関する問い合わせ件数が増える
☑︎  商品、サービスの直接的な購入が増加する
☑︎  メディア収益が得られる
☑︎  見込み顧客のデータを取得できる
☑︎  ECサイトへの流入が増加する

企業のメディア化は、認知・集客を最大化させる効率のいい手法

通常、私たちとお客様との間には目には見えない、埋めがたい大きな溝が横たわっています。そのまま商品やサービスを提供しようとしても決してお客様はこちらを向いてくれません。なぜなら、お客様には見ず知らずの会社が提供する商品やサービスに全く価値を感じていないからです。

企業のメディア化はお客様に選ばれる為の方法

消費者は自分でインターネットを使って情報を調べてから、ものやサービスを選ぶ時代に変わってきました。「お客様が自分たちの必要とする答えを提供していること」ができれば、お客様から選ばれる可能性が高くなります企業のメディア化とは、差別化困難な時代に新たな情報価値を提供して「お客様に選ばれる理由」となる重要な役割を担っています。

従来のホームページにプラスαの集客を!

これまでのホームページ・ECはすでに商品やサービスを探している人の為の場でしたが、オウンドメディアはまだ商品・サービスを探していない潜在層に向けて有益な情報を発信し、興味・関心を喚起することが目的です。認知・集客に課題を抱えている企業にとって、新規顧客獲得に貢献する新たな成長施策になりえます。

INDEX

■オウンドメディア構築プロセス

1.弊社オウンドメディア「Leverage-Share」
2.『顧客に伝わるプロモーション戦略』 得られるメリット
3.自社のメディア化(オウンドメディア・コンテンツマーケティング)
4.企業がオウンドメディアに取り組むべきメリット
5.あらゆるタッチポイントを想定した情報発信の仕組み
5.コンテンツマーケティング(オウンドメディア)
 実践プロセス

6.支持される5つのコンテンツ企画と成功事例
7.事業計画アウトライン(企画書雛形)
8.集客導線設計「認知度獲得・購買促進」
9.マインドチェンジを意識したコンテンツ導線
10.ペルソナ設定の具体性
11.ペルソナ別の情報ニーズを把握
12.カスタマージャーニーマップの作成
 (時系列で最適な情報を)

13.「カスタマージャーニー」フローからのコンテンツ企画
14.企画の幅を広げ、集客の質を高めるポイント
15.コンテンツストーリー アプローチを組み合わせる
16.メディアチーム運営の流れと体制の構築

■実践形式フォーマット

17.事業計画アウトライン雛形
18.エディトリアルカレンダー(年間)
19.エディトリアルカレンダー(週間)
20.各メディアの特徴、役割
21.競合他社分析シート
22.サイトマップ設計(コンテンツ企画決定後)
23.6W1H+1H 企画シナリオ発想シート

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

ご登録後にダウンロードするURLをメールにてお伝えします。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

その他のお役立ち情報

More