「オムニチャネル」はなぜ「アイル」なのか?大企業の失敗と「アイル」の成功から見える未来

オムニチャネル最大の目的は「リアル」と「バーチャル」の融合。

企業のデジタルシフトやIT化の最終到達点は、オンラインとオフラインの垣根を取り払った企業体への変化だと言って間違いないでしょう。しかし、そんなリアルとバーチャル、オンラインとオフラインの融合の形であるオムニチャネルは、主に大企業において芳しい成績を上げているとはいいがたいものです。

アパレル特化型システム会社のアイルでは、そんなオムニチャネルを成功させてきた実績が多々あります。そこで、大企業が失敗し、(株)アイルが成功させたそのわけを、ここでは分析していきます。

オムニチャネルに失敗した大企業、最大の理由とは?

大企業が失敗したオムニチャネルの代表として頭に浮かぶのは、セブンアンドアイグループのオムニセブンでしょう。この企業は小売業界では巨人と言っていいほどの規模と実績を誇り、そのノウハウも並々ならぬものだったはず。それでも、オムニチャネルを失敗した理由はどこにあるのか、それは、目的意識と変革への覚悟の欠落だったと考えています。

リアルとバーチャルのどちらを活かしたかったのか?

失敗例としてオムニセブンを例にとるならば、オムニセブンではスマホを基本としたオンラインを主軸に、店舗がその支援の役割を果たそうと考えられていました。しかし、結果はどうだったのか?デジタルの進化・シフトの概念だけがひとり歩きし、店舗がデジタル化の目的、効果を把握する事なく推し進めた、経営主導のあるべき姿でしかなかった事実。つまり、オムニチャネル化で目指すべき目標があいまいだったという事です。

情報の間違った活かし方。

オムニチャネルは、いうなればオンラインとオフラインの特徴を生かし相互補完の上で結果を出すものです。しかし、大企業の行ったそれは、店舗の劣化コピーをネット上にアウトプットしただけの物でした。そこに欠けていたのは情報。オンライン顧客のニーズとオフライン顧客のニーズを明確に情報としてキャッチできず、両者を差別化することなく、そのニーズに適した相互補完的な展開ができなかった。これでは相互補完できなくて当たり前です。

旧態依然とした縦割りの壁。

これらの失敗を招いた一番の原因は、縦割り化された企業の旧態依然とした組織の壁です。オムニチャネルは実店舗とECサイトの間にある壁を壊し、横連動で融合させることにその目的があるはずです。しかし、そのそれぞれを受け持つ部署が、企業内で縦割りの壁で区切られていては、うまくいくはずもありません。

アイルはどうやってオムニチャネルを成功させているのか

では、そんなオムニチャネルを、アパレル特化型システム会社であるアイルはどうやって成功させているのか。つぎは、そのポイントを紐解いていきます。

リアルもバーチャルもどちらも活かす

アイルの目指すオムニチャネルは、実店舗とECサイトのどちらかを支援すると考えるのではなく、両方を活かし、補完ではなく、更にその連動で生まれた化学反応、シナジーを目指しています。つまり、両者が主であり、また同時に両者が従であることで目標が明確化し、役割もはっきりするという考え。そうなれば、事業はわかりやすい目標に向かってスムーズに発展していきます。

情報を的確に活用する

オムニチャネル化することによる利点として、実は一番大きいのは情報です。大企業はこれを活かすことができなかったと言いましたが、情報の入手はオムニチャネル化によってより正確に、より個別的に、そしてより大量に入る為、これを活かすことができれば大きな利益につながります。

アイルの連携システムは、この情報を一元化、そして視覚化することで共有しやすくしてくれます。そしてその情報は即、実戦の業務に生かされます。まさに運用する現場のユーザビリティーを考えた現場が使える「システム」なのです。

シームレスな環境を意識したシステム構築

そして何より目を引く部分が、様々なデータの一元化と共有がもたらす、シームレスな企業環境の提案。ECサイトと実店舗の間に在庫の壁もなく、ポイントの違いもなく、またそこで得られる情報や、それを活かした目標へ向かう動きも一元化され、即応体制がシステム上完備されています。このシステム体制は、否応なしに組織の壁を超えなければ使えないシステムです。

そのシームレスな環境提供は、補完を超えたシナジーをECサイトにも実店舗にももたらすことは言うまでもありません。このすべてを包括し一元化するシステムの統合こそが、オムニチャネルを成功させているアイル一番の特徴だと言えます。

アパレル業界の「デジタルシフト」を推進する「Leverage-Labo」

アパレル業界の「デジタルシフト」を推進する「Leverage-Labo」 では、そんなアイル社と連携することで、アイル社のもたらす次世代型システムを「Leverage-Labo」がワンストップで企画段階から運用まで、抱えている課題に対して、導入効果の最大化をサポートしています。

「アパレル」×「デジタル」の可能性、次世代型の「成長戦略」の推進、想定以上のシナジー効果への期待。これらを実現させるには「デジタルシフト」が不可欠な時代です。未だ大成功と言える成果に乏しいオムニチャネルの実態。しかし、その成功事例、ノウハウ、大きな信頼、安心感は、ここにあるのです。

『自動化できる業務は「システム」に任せ、『価値・アイデア』を生み出す「環境構築」にこそ時間を!』『経営をアップグレード!』Leverage-Laboが導入効果の最大化をサポートします!

アパレルシステム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

その他のブログ

More