戦略的Webサイト・PRツール制作プロデュース

戦略的Webサイト制作・PRツール制作プロデュース

情報発信できない企業な生き残れない

「情報発信」にはどのような価値があるのか?どのようにすると「情報発信」を効果的に行えるようになるか?

一方的な宣伝、アピールはもはや受け入れてもらえない

現在、あらゆる情報が氾濫しているだけではなく、情報を受け入れる側のリテラシーがどんどん高まっています。そのため、これまで企業が行ってきたような広告的なアプローチは、なかなか受け入れてもらえなくなりつつあるのが現状です。

例えば「このサービスはこんなところが強みです!」と企業側から発信したところで、そのアピール内容は他社との明確な差が見出せない限り、ユーザーには響きません。

他社との差別化を図りたい。どんな業界でも、どんな商品・サービスを扱っている企業でも、根本にこの課題を抱えていることでしょう。

しかし、様々な技術が発達し、サービスや商品レベルがどんどん向上した結果、商品そのもの、サービスそのものが提供する価値に、わかりやすい差が生まれにくくなっています。

そのため、どんなに自社サービスや商品の優位性を示そうとしても、明確に差別化して;伝えることが困難になっているのです。

そんな中、価格競争に雨負けないブランド作りや、他社に先駆けた集客のために、Webの情報発信に期待する企業は増えています。

メディアを持つ前に、自社のWebサイトを見直す

一方で、「情報発信しなければ!」「顧客に役立つ情報を出すんだ!」と意気込む企業では、目的設定もそこそこに、簡単に外部の制作会社に委託して、どにかく記事を量産し、自社ブログやメディアを運営してもらおうとするケースが少なくありません。

しかし、どんなに立派なメディアをつくり、有益な情報を発信したとしても、受け皿となる情報・コンテンツがなければ本末転倒なのです。

ここでいう受け皿とは、企業そのものについての情報を指します。例えば、検索キーワードから、企業のWebサイトに掲載されたノウハウ記事にたどりついた人がいたとします。

その「記事の内容を気に入った人が「これはどこの会社が発信しているのか」と興味を持ってくれた時、肝心の情報、企業としての姿勢や、ビジョン、サービスの概要や事例などが十分掲載されていなかったらどうでしょう。

まずはきちんと受け皿となる情報ー「自分たちは何者で、どんな想いを持っていて、誰にどんな商品・サービスを提供しているのか」を、誰が見てもわかりやすく、Webサイトに掲載しておく必要があります。

INDEX

■ブランド価値を上げるコンテンツマーケティング
1.情報発信できない企業は生き残れない
2.企業もメディア(価値ある情報)を発信する時代
3.成功のコツは、目的とターゲットを定めること
4.ブランド独自のシンボリックストーリーを創る
5.ブランディング構築により価格競争に参入しない
6.商品政策とその背景にあるストーリーを伝える
7.顧客の声を商品政策に生かす
8.ターゲットの購買心理・行動を見極める
9.ビジョン・ミッションを明確に定めて信用・信頼を手に入れる
10.ブランドに付加価値を加える

■具体的実践事例・方法
11.ECの業界の現状から見る今後の重点ポイント
12.ECプラットフォームは何を使うか(メリット・デメリット)
13.成功事例サイトに共通する成功法則①
13.成功事例サイトに共通する成功法則②
14.コンテンツ企画を多数用意(消費者にとって価値ある情報)
15. デジタルツールの有効活用(用途別に一部掲載)
16.コンテンツマーケティングによるビジネスモデル化
17.収益を上げる戦略的サイト構造(見込み客からリピート客までの収益導線)

ご登録後にダウンロードするURLをメールにてお伝えします。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

その他のお役立ち情報

More