組織がうまく機能しない原因は「組織風土」にある!!

変化激しいこの時代だからこそ、 問題の特定と解決から逃げてはいけません!

ちょっと考えてみてください。

「あなたの組織とそこで働く人たちは、突然の変化に耐えられますか?」

はい、突然質問から始まりましたが、実際のところどうでしょう?顧客ニーズの多様化、ワークスタイルの変化、事業の統廃合、新規参入の脅威など企業を取り巻く周囲環境はめまぐるしく変化しています。しかもそれらの変化はかなり予測しづらいですよね。

このような時代を生き抜くには、残念ながら業務遂行に必要なビジネススキルだけでは足りません…。突然の変化に流されず柔軟に対処し、成長に変えていく

「変化に強い力!!」

が人づくりも、組織づくりも不可欠なのです!今最も注目されている「レジリエンス」の考え方が重要です。といっても…、正直変化うんぬんを考える前に、人材育成やメンタルヘルスの問題に頭を抱えている方も多いのでは?企業や公的機関のアンケートによると、この2つに悩む企業は実際実に多いようです。

ひと昔前までは大きな問題に発展せずに済んでいた事が、現代の職場では問題になってしまっています。頼れる存在である上司や同僚がいないからでしょうか…?若手だけではなく、中堅社員も管理職の方にも同じく悩み疲弊しています。

これでは職場全体のパフォーマンスは下がるばかり…。根本解決もせず、考える時間も持たずに目先の結果ばかりを追い求めても、漠然とエネルギーを消費してしまいます。

変化激しいこの時代だからこそ、問題の特定と解決から逃げてはいけません!

時代と状況にあったアプローチを見極め、ムリ、ムダを捨てながら新たなルールを作ることを考えましょう!それが自ずと「変化に強い力」の育成に繋がっていきます。

■ハッキリいって読んだもん勝ち理由が分かれば対策が打てる

日常生活にも使えるエッセンス多々あり

 

 

 



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

その他のブログ

More