自分を「仕組み化」すればキャリアは確実に進化する!!

000

「作業系」の仕事を仕組み化し、「考える系の仕事」に時間を使う!!

仕組みをつくれば、誰でも成果が出せます。才能や意思の強さに関係無く、学歴や経歴も関係ない。面倒くさがり屋でも、集中力が無くても関係ない。そしてお金も関係ない。

「仕組み」とは、一定のルールに従うだけで、誰がやっても成果の出せるシステムです。

会社経営は、ある程度この仕組みで動いているといっても過言ではありませんね。ただ仕組みも無く、社長や上司がその場しのぎの感覚経営をしている会社は危なっかしくて社員も安心して仕事が出来ません…。大企業と中小企業では圧倒的にこの部分で確実に差がつきます。

「仕組み化」は個人にも応用が出来る

自分を「仕組み化」する事で環境に左右される事がない、自由、時間を手に入れる事が可能になります。

ポイントはただ一つ!
「作業系」の仕事をいかに削り、出来る限りの「効率化」をはかる事!

ゴールをしっかり捉えて、最短距離を描くのです。会社のルールとか、今までこうだったとか、そんな発想は全て捨てましょう。大事なのは「本質」です。「考える系」の仕事にどれだけ時間を割り振る事ができるのか!ここが大きな分岐点になります。

「考える系」の仕事を面倒くさがって先送りにしたり「作業系」の仕事にばかり逃げこんだりするビジネスマンは案外多いです。

効率と付加価値の秘訣は「作業系」と「考える系」の仕事を分ける事

「考える系」=「時間の確保」→「新たな景色・可能性」

新しいものを生み出す能力はそんな環境から生まれます。「時間をいかに有効に使うか」は、ビジネスマンにとって永遠の課題です。又人に平等に与えられたものも時間です。

時間の有効な使い方次第で今からでも進化する事は可能です。現状に満足する事無く、新たな変化を受け入れて自らの成長を加速させましょう。そんな行動から次のステージが見えてくるはずです!

buttun_mailmazagine



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

その他のブログ

More